ウイスキーの拘り

~知れば飲みたくなるウイスキーの基礎知識~
世界5大ウイスキー

5大ウイスキーとは、代表する産地のウイスキー
スコッチ、アイリッシュ、アメリカン、カナディアン、ジャパニーズ

ウイスキー5代.jpg

スコットランド産「スコッチウイスキー」

アイルランド産「アイリッシュウイスキー」

●アメリカ産「アメリカンウイスキー」

●カナダ産「カナディアンウイスキー」

●日本産「ジャパニーズウイスキー」


日本のウイスキーは、スコットランドにウイスキー造りを学び発達し、世界各地に出荷されていきました。

5大ウイスキーの産地はウイスキー造りに適した地

5大ウイスキーの産地は、ウイスキー造りに必要な条件を備えています。

原料の大麦など穀物の産地である、良質な水源が豊富、ウイスキーの熟成に適した気候。スコットランドやアイルランドは、年間を通して寒冷な気候。

ジャパニーズウイスキーの聖地、北海道・余市も“日本のスコットランド”と呼ばれ、よく似た気候を備えているそうです。

ウイスキーはどこの国でも作れるわけではない事。

優れたウイスキー造りには寒冷な気候と綺麗な水源が必要です。

世界で一番蒸留所が多いスコットランドの平均気温は、冬は2〜6度、夏は14〜19度と年間通して低い気温です。ウイスキーの熟成には一年中低い気温の貯蔵庫が必要です。

download.jpg
山崎蒸留所

一度は耳にしたことがある、アイラ島・ピート・とは?

アイラ島は、スコットランドの西側にある島で、ピートウイスキーがメイン産業の島です。アイラ島のウイスキーの特徴はスモーキーさです。癖の強いウイスキーですが、慣れると癖になり、味の虜になります。

 

では、そのスモーキーさは何なのか?泥炭(でいたん)にあります。

そして、皆さんがよく聞くピートとは、日本語で泥炭の事です。


泥炭とは、湿原で植物の遺骸が分解されず蓄積した、可燃性の地層のことです。

気温が低く湿った土地では、ピートという泥状の炭を生み出します。

その天然のピート(泥炭)を、ウイスキーの原料となる大麦麦芽を乾燥させる際に燃料として使うと、大麦麦芽にピートの香りが強く染み込み、その採掘された土地の香りがウイスキーに色濃く残ります。

海の底だった土地のピートは海藻の香りがします。

アイラ島 某モア.jpg
アイラ島ボウモア蒸留所
泥炭.jpg
泥炭地
アイラ島.jpg
アイラ島
アイラウイス機.jpg
アイラ島ウイスキー

ウイスキーの種類は大きく分けて3種類

■モルトウイスキー

「モルト」とは麦芽のことで、その名の通り発芽した麦、通常は大麦の事をいいます。

糖化という作業を経て、アルコールに代わります。

このモルトのみを使用したウイスキーを一般的にはシングルモルトウイスキーと表されます。酒屋などに行かないと目にする事は少ないかもしれませんが、高価なウイスキーです。

原材料表記は「モルト」と表示することが法律で決められています。

■グレーンウイスキー

「グレーン」とはトウモロコシなど穀類の事をいいます。

このグレーンウイスキーのみを使用したウイスキーを、シングルグレーンウイスキーと表します。厳密にいうと、グレーンだけでは糖化が出来ないため、少しの割合でモルトが含まれます。原材料表記は「グレーン」です。


■ブレンデットウイスキー

「ブレンデット」とは、その名の通り、”モルト”ウイスキーと”グレーン”ウイスキーをブレンドしたものをいいます。皆さんが普段よく目にするウイスキーの大半は、このブレンデットで、比較的安価です。

原材料表記は、「モルト、グレーン」です。